配管用炭素鋼鋼管(SGP)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベンカン機工の溶接式管継手事業は、「配管用の継手」を原点としております。

配管とは、パイプや管継手などの配管材を用いて、液体や気体、粉体といった流体を、目的箇所まで適切に配送するシステムのことです。

管継手は、様々なパイプに対応するために開発されます。ベンカン機工の管継手も様々なパイプに対応しています。

今回は、「溶接式管継手(突き合わせ溶接式管継手)」が対応している炭素鋼鋼管の中でも、最も一般的な「配管用炭素鋼鋼管(JIS G 3452)」をご紹介します。

炭素鋼(黒)_修正

その主な用途は、ガス、蒸気、水(水道法に基づく給水用には適しません)、油、空気などを比較的低圧(1MPa以下)で配送する配管となっています。

ガス配管に多く利用される意味からも、その種類記号は、SGP(Steel Gas Pipe)となっており、故に「ガス管」と呼ばれることが一般的です。

また、表面処理の方法で、亜鉛めっきの処理していないものを「黒管」、亜鉛めっき処o0800057012903430007理が施されたものを「白管」と区分されています。

適用例としては、蒸気配管、油配管、エアー配管などでは一般的に黒管が使用されます。

対して、工業用水配管、空調設備配管、衛生設備配管、消火用配管などの様に耐食環境が厳しい配管では白管が採用されるケースが多くなります。

また、水配管用亜鉛めっき鋼管、水道用硬質塩化ビニルライニング鋼管などの原管(黒管)にも使用される鋼管です。

黒管の寸法、質量および寸法の許容差は次の通りです。

o0378049212156415389

1.「厚さの許容量」はすべて +規定なし、-12.5%)とする
2.(イ)テーパーねじを切る管
3.(ロ)テーパーねじを切る管以外の管

管1本の長さ(定尺)は、100A以下の白管は4,000mm、それ以外は5,500mmが標準となっています。

炭素鋼鋼管ですが、今回の「配管用炭素鋼鋼管」以外にも、その用途によって官民、様々な規格や仕様があります。

o0350035012157163709 o0350035012157163710
溶接式管継手 90°エルボ   (左)黒管  (右)白管

ベンカン機工では、上記パイプに接続される管継手である一般配管用鋼製突合せ溶接式管継手(JIS B 2311)を、「日本工業規格表示認証工場(JIS)」として、製造販売しております。

様々なニーズにお応えすべく、これからも最善を尽くしてまいります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA