品質月間2016

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

11月は、日本科学技術連盟、日本規格協会などが主催する「第57回品質月間 」です。今年のテーマは、『 あなたが主役 みんなでつくる 感動と安心を! 』です。

そこには、経営目線の品質改善やコスト削減等だけでなく、最も大切な人間的成長と生き甲斐を大切に、〝人と人との心と思いをつなぐ〝ことに焦点を当てています。

それは製造部門だけでなく、全ての部門が当事者として自主的に考えて取り組み、感動と安心を与える製品を提供していこうとの思いが込められています。

b_016

ベンカン機工もその思いに賛同し、意識高揚の推進期間として、さまざまな取り組みを実施いたします。

まず、期間中の取組みの一つとして、ベンカン機工品質スローガンの募集を、先月実施いたしました。

その他にも、従業員への品質に関する情報発信や教育なども、この機会に強化をしていく予定です。

改めてですが、品質管理とは、「品質の維持・改善」が目的です。

%e2%91%a9006%e5%af%b8%e6%b3%95%e6%a4%9c%e6%9f%bb

しかし、日々生産を行う中、時には要求された品質が満足できない製品も発生します。その『要求品質を満足できない製品を要求に近付けること』が品質管理の目的であり、それは製品作りに関わるすべての従業員が日々意識をし、指摘し合い、補い合う事で成立します。

dsc01503

正に、我々の良い製品を作りたいという〝思いをつなぐ〝ことが、お客様の安心につながると考えております。
品質月間を迎え、改めて従業員全員で品質管理を意識し、〝思い〝を共有することで、更なる品質の維持・改善に努めてまいりたいと思います。

 

品質保証室 三宅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA