管継手に関する成績書提出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベンカン機工が製造・販売を行っております「溶接式管継手」の〝解説シリーズ〝と題しまして、溶接式管継手に関するあらゆる情報をお届けしたいと思います。

第4回目は、ベンカン機工が販売している溶接式管継手に関する「成績書提出」についてです。

ベンカン機工では、お客様のご要求に応じて、製品と共に成績書(Test Report)を提出しております。

成績書は大きく分けて2種類ございます。

1.JIS B 2311用の検査証明書

JIS規格のJJIS B 2311(一般配管用鋼製突合せ溶接式管継手)FSGP、PY400に適用されており、報告内容はJIS G 0415「鋼及び鋼製品-検査文書」の記号2.1に従い、次の表示を行います。

1)管継手の種類

2)大きさの呼び

3)数量

4)検査に合格している事

5)社名/工場名

 

2.JIS B 2311以外の検査証明書

「ミルシート=MSMill Sheet)」「MTR=Material Test Report」「MTC=Material Test Certificate」「CMTR=Certified Material Test Report」など多くの呼び方がありますが、JIS規格のJIS B 2312(配管用鋼製突合せ溶接式管継手)、JIS B 2313(配管用鋼板製突合せ溶接式管継手)PT370(抜粋)やSUS304W(抜粋)などに適用されており、報告内容はJIS G 0415「鋼及び鋼製品-検査文書」の記号3.1に従い、次の表示を行います。

1)管継手の種類

2)大きさの呼び

3)数量

4)化学成分

5)機械的性質

6)その他検査結果など

7)検査に合格している事

8)社名/工場名

各業界のお客様にて必要な情報(適用規格、材料規格、化学成分、機械的性質、製品名、大きさ、肉厚、数量、社名、工場名、品質管理責任者サインなど)はすべて「検査証明書(ミルシート)」に記載されております。そのことから、「素材(材料)ミルシート」は原則提出しておりませんのでご理解、ご協力をお願いいたします。

また、「検査証明書(ミルシート)」には、適用規格の規格年度、材料規格の適用年度、機械試験片のJIS番号、特別要求の各種試験検査結果も記載できますので、手配時にご要求ください。

ベンカン機工では、これらを適用した管継手の供給に必要な認証、資格、技量を保持しております。

営業本部 東日本営業部  一丁田

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA