【従業員紹介】コールセンター 寺下 靖彦(現:桐生工場)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

従業員表彰制度の「個人投票表彰_上期」において、営業本部から従業員投票により代表として選出されたコールセンターの寺下 靖彦さん(現在は部署移動により、桐生工場 製造管理課所属)をご紹介いたします。

営業本部の「コールセンター」は、本社・桐生工場に拠点を置き、対応をさせていただいておりました。その間、リーダー的存在としてメンバーを支え、活躍してくれていたのが寺下さんです。

群馬で5年続いたコールセンターでしたが、昨年の会社統合による組織編成で、足柄への拠点変更が決まり、その移設業務に大きく貢献してくれたことが、今回の代表者に選ばれる要因となりました。

まずは、新規メンバーは足柄にいた工場メンバーでしたので、コールセンター業務を知っているのは寺下さんのみ。もちろん、システムへの入力も初。そんな状況において、5年間の培ったノウハウを活かし、新規メンバーの教育を実施してくれました。

以前のコールセンターでの対応件数まで軌道に乗せるのに悪戦苦闘・・・・。しかし、今では以前のコールセンターの3年経験者でこなす業務をクリア出来るほどに短期間で育成してくれました。(これもひとえに寺下さんの教育の賜物?)

もちろん、教育を受ける新規メンバーの仕事に対する熱い姿勢と、謙虚な気持ちがあったからに他なりません。

足柄コールセンターのメンバー

加えて、新物流センターの移管についても陰ながら尽力。桐生工場との橋渡し役として、継手の梱包・運送体系・発送など、工場との調整など積極的に対応してくれました。

新物流センターメンバーとの協調性についても目を見張るものがありましたが、物流センターにおいても、メンバーの仕事に対する姿勢は感服する程で、そのメンバーの気配りから、寺下さんも助けられたのだと思います。

数値化での評価は非常に厳しい面もありますが、今回の経験による成長度合は非常に大きいです。

移管後、桐生工場の製造管理課へ移動となりましたが、今後の工場業務にもこの経験が活かされるものと思います。

今後の活躍も非常に楽しみな人財です。

東日本営業部 副部長 田邑 忠秋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA