社内表彰2017 優秀賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベンカン機工には「従業員表彰制度」があり、全従業員による投票で決定する「個人投票表彰」と、役員推薦で決定する「団体推薦表彰」があります。

今回は、前回の最優秀賞に引き続き、「2017年度優秀賞」の受賞者と受賞団体をご紹介させていただきます

個人投票表彰2017において、優秀賞は3名選ばれました。

まずお一人目は、尼崎工場 製造管理課 容器グループの福垣内 悟さんです。

班長として責任感を持って行動する姿と、現場に気を配り万全のフォローすることで、絶大な信頼を集めており、現場のメンバーからも管理職からも高い評価を得ての受賞となりました。

尼崎工場 製造管理 容器グループ 福垣内 悟

「この度は優秀賞をいただきありがとうございます。今後もこの賞に恥じないよう日々努力していきます。」
尼崎工場 製造管理課 容器グループ 福垣内 悟

お二人目は、桐生工場 製造管理課の寺下 靖彦さんです。

2017年7月まで、コールセンターに所属しており、足柄へのコールセンター移管に伴う課題解決、メンバー教育について評価されての受賞となりました。

表彰状と共に桐生工場受付スペースで写る寺下

「この度は優秀賞をいただきまして、ありがとうございます。コールセンターのスタッフと営業・工場含めた皆様のお力添えあっての受賞と思っております。ベンカン機工にはひとりひとりが協力・知恵を出し合って困難を乗り越えようという風土があります。私もその一員として、これからも日々精進していきたいと思います。」
桐生工場 製造管理課 寺下 靖彦

3人目は、足柄物流センターの原 朋弘さんです。

足柄物流センターにおいても、2017年度は工場から物流センターへの切り替えという大きな転機を迎え、課題が多くありました。

そんな中、メンバーを率先してリードしながら、きめ細やかな対応で課題を解決し、実現したことが評価されての受賞となりました。

授与を受ける原(左)

「この度は多くの方々のご支持を賜り名誉有る賞を授賞出来ました事感謝申し上げます。振り返りますと準備期間中は桐生並びに藪塚の発送メンバーの方々を始め、多方面の方々にご支援頂きました。また立上げ初期には手探り状態でしたが、関野課長を筆頭に物流センター、コールセンターの皆様のお陰で現在に至っております。今後も「日々精進」の精神で職務を遂行します。改めまして多くの皆様に感謝を申し上げ授賞の挨拶といたします。」
足柄物流センター 原 朋弘

「団体推薦表彰2017」の優秀賞は、2年連続で大阪工場が選ばれました。

創意工夫をし、生産計画を大きく達成したことが高く評価されました。

製造本部長の佐野(右)から授与を受ける工場長の木村(右)

「この度は、優秀賞を頂きありがとうございます。これもひとえに、皆さまの協力を得ながら、大阪工場全員が一丸となって頑張って取り組んできた結果だと思い、たいへんうれしく思います。この場を借りて皆さまに御礼申し上げます。 西長洲地区・扶桑地区一丸となって、今年こそは最優秀賞を受賞できるよう皆とコミュニケーションをとり、協力し合って取り組んでいきたいと思います。今後も何卒、ご支援ご協力のほどお願いいたします。この度は本当にありがとうございました。」
大阪工場 木村 喜明

今年の活躍にも期待したいと思います。

次回、努力賞についてもご紹介させていただきます。

総務企画課 寺岡

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA