釣りサークル例会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、大阪工場釣りサークル所属の三森です。

今年初回の例会になります。場所はおなじみの京都、宮津の「むつ漁丸」さん。

今回は1隻で、狙いはここ最近恒例となった沖メバル釣りです。

今回は当初4/14の予定でしたが、低気圧通過の為、出港できず、予備日の5/12となりました。

春告魚と呼ばれるメバルなので、5月だと少し時期遅れか?事前の釣果情報を聞く限りでは、余りよろしくないとのこと・・・・。

で、5/12当日です。

天気は晴れ、風も無く、波も穏やかで〝凪を釣れ〝と云われるメバル釣りには良い条件です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

で、釣果は写真の通り。

時間によって集中してバタバタっと釣れたわけでもないですが、一日を通じてコンスタントに釣れ続け、各位とも10~25匹の釣果があり、1隻8名で約150匹超え。また今年は比較的型が良かったと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

青物、真鯛と比較して小型のメバルではあるものの、数が多いので、ここで持ち帰った魚をどうするか?ですが、当釣りサークルは基本‘持ち帰る魚は全ておいしく食すること!!!を規約としていますので、各部員とも魚を捌くのはお手の物です。

私も今回の釣果は15、6匹といったところでしたが、全て新鮮な内に刺身で食するのは困難、煮炊き焼くだけでは面白くない・・・ということで生で食べきれないものは一部干物にしています。

【材料】
新鮮な魚を数匹(他食べたい魚、お好みで)、塩、水、酒少々とだし昆布1切れ

【作り方】
①魚のうろこを軽く取り、開く(腹開きでも背開きでも可)
②開いた後、内蔵、エラをむりし取る。(先に取るより楽)
③取った腹をきれいに洗う、出来れば歯ブラシなどで血合いを取る(臭みになるので・・・)
④海水程度の塩分とした‘立て水‘に開いた魚を15~30分浸ける。(このとき風味付けに酒少々とだし昆布をIN)
⑤水気を切り、ネットなどを使い、3~5時間程度、陰干し・・・
⑥半乾きでイイ感じになったら完成!!

と非常に簡単です、釣り魚だけでなく、買ってきた魚でもできるのでお勧めです。皆さんもチャレンジしてみてください。(オプションでみりん干しもありますが・・・)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次回は8月お盆明け、オールナイトのイカ釣りです♪♪♪今年こそ3桁超え(100杯超)に乞うご期待!!!

大阪工場釣りサークル 三森(大阪工場 製造管理課)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA