2019年度新入社員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2019年度新卒の4名が、ベンカン機工の新たなメンバーとして加わってくれました。

※上部画像左から、上河内(大阪工場 仮配属)、ナム(技術部 仮配属)、加藤(桐生工場 仮配属)、野口 (尼崎工場 仮配属)です。

入社日である4月1日に、東京オフィスのある東京都大田区の大森東急REIホテルで入社式を行いました。

株式会社ベンカンとのグループ合同の入社式です。各社の役員と管理部が参加いたしました。

訓辞を述べるベンカン機工ならびにベンカンの取締役である小林

新入社員の皆様、入社おめでとうございます。
今後、社会人として仕事をおこなっていくにあたり、一つお願いしたいことがあります。
〝好奇心を持って業務に取り組んでいただきたい〝ということです。
これから諸先輩方から指導を仰ぐと思います。それを実行することは大切なことです。今までのやり方は、積み重なった歴史や経験です。しかしながら、この歴史や経験も不変のものではなく、世の中は変わっていきます。それに対応できる人財になっていただきたい。
そのために、ぜひ仕事に対して好奇心をもち、新しい発想で考え、常に問題意識を持っていただきたいと思います。そうすることにより、より一層高い目標を達成し、成長出来ると思います。これからの活躍を期待しております。」
※2019年入社式訓示から一部抜粋

会社側からの訓辞があった後、辞令交付式を行いました。

辞令交付を受ける新入社員の上河内(右)

新入社員の皆さんから、今後の抱負についてお一人お一人に発表していただきました。

抱負を語る新入社員のナム(中央)

入社式後には、昼食懇談会を開催し、その後各社それぞれの研修へと移っていきました。

社内研修を始め、外部マナー研修にも参加してもらい、同期や東京オフィスメンバーとの交流も少しは深めてもらえたのではないかと思います。

これから新社会人として初めてのことばかりで、戸惑ったりくじけたりすることもあるかもしれません。また、多くのことをインプットしなければならず大変な日々が続くと思いますが、一日でも職場に馴染めるように頑張ってもらいたいと思います。

我々も全力で彼らの成長をサポートしてまいりたいと思います。

管理部 総務企画課 寺岡

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA