【従業員紹介】佐々木 徹さん(タイベンカン アドバイザー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベンカングループで長年勤務された功労者をご紹介いたします。

タイベンカンの佐々木徹さんです。

佐々木さんは、ベンカンの前身である日本弁管工業株式会社に入社し、桐生工場 技術課で21年、タイベンカンで27年に渡り勤務され、77歳になる本年まで長きに渡り、現ベンカン機工及びベンカングループの発展に寄与されました。

現在は、タイベンカンでアドバイザーとして勤務されていますが、今年7月末で勇退されることになり、少し早いですが先日、タイベンカンのメンバーとグループ代表の岡本を交え、送別会を行いました。

白澤さん(左)と佐々木さん(右)

佐々木さんは入社以来、 技術者として溶接式管継手の製造方法の確立・生産設備の維持改善を担当。半世紀にも及ぶご勤続の中で、社内でお世話になった人は数えきれないと思います。

また、そのご経験を活かし、会社の大きな節目の取り組みであるタイベンカンやベンカンベトナムのBV2工場の立ち上げなどにも携わられ、大きく貢献されました。

これまでのご活躍と功績を称えるとともに、感謝致します。

佐々木さんには、健康に留意され、好きな相撲観戦、ゴルフなどを楽しんで頂きたいと思います。

大変長い勤務、お疲れ様でした。

ご退職の日まで、皆で感謝の気持ちを伝えていきたいと思います。

※最上部画像は、前列左から、JIM、岡本社長、佐々木、後列左から、近藤、白澤、平山、田中です。

タイベンカン 近藤

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA