品質検査技術・放射線透過試験(RT)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初めに非破壊試験とは、素材や製品を破壊せずに、”きず”の有無、その存在位置、大きさ、形状、分布状態などを調べる試験です。鋼質試験などに応用されることもあり、放射線透過試験、超音波探傷試験、磁粉探傷試験、浸透探傷試験、過電流探傷試験などがありますが、今回は「放射線透過試験(ほうしゃせんとうかしけん RT:Radiographic Test)」をご紹介いたします。

放射線透過試験(以下、RTと略す)は、放射線を試験体に照射し、透過した放射線の強さの変化から試験体内部の”きず”を調べる試験です。

以前ご紹介した「超音波探傷試験(UT)」が超音波のはね返りによって内部の”きず”を調べるのに対し、放射線を照射して内部の状態を撮影像としてフィルムに記録することで、試験体の内部の”きず”の状態や内部構造を調査できるため、ベンカン機工では主に管継手の長手溶接部の”きず”の検知に用いています。

放射線は物質を透過しやすく、物質の種類や密度によって透過の度合いが異なります。その影響により、フィルムに濃淡差のある像ができ、内部の”きず”や構造を調べることができます。いわば、影絵のようなイメージです。

管継手の試験の場合、管の内側に撮影フィルムを設置し、管の外側より放射線を照射します。

放射線が試験体を透過する際、内部の”きず”などの空間がある部分は、健全部に比べてより多くの放射線が透過され、強く感光することになります。そのためフィルムを現像すると、放射線の透過量が多い部分ほど黒く写り、濃淡差のある透過写真ができ、そこから試験体内部の”きず”の状態や構造を確認し評価を行うことができるのです。

また、上の写真のように溶接部内部に異物が混入している場合は、その物質の放射線吸収係数の違いからより多くの放射線が吸収され、周囲より白く写ることできずを検出できます。

このようにRTは比較的、体積を有する”きず”の検出に向いています。

RT放射線が外部に漏れないよう、ベンカン機工では鉛とコンクリートを使用した建物の中で撮影をしております。

今回ご紹介のRTのほかにも、試験体や実施環境を考慮した方法を選択し組み合わせることで適切な試験を実施しております。

各種試験に関して、お客様の様々なご要望にお応えすることが可能ですので、営業担当または、溶接式管継手関連営業窓口へ、お気軽にご相談ください。

Webでのお問い合わせ

大阪工場 品質保証課

超音波探傷試験(UT)

浸透探傷試験(PT) 

磁粉探傷試験(MT)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA