インターンシップ2019

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベンカン機工の本社がある地元 群馬大学理工学部では、数年前より海外企業でのインターンシップに取り組まれています。海外での就業体験を積むことで、社会に巣立つ前から国際感覚を身に付け、地域社会のみならず、国際社会に於いても貢献可能な人材を育成する事が目的です。

群馬大学の目指しておられるインターナショナルな人材育成する為に様々な取組みをされている姿勢には、我々ベンカン機工もタイ・ベトナムに海外法人を構える゛グローカル゛企業として、また群馬県に本社を置く地元企業として大いに共感しています。

今回、海外インターンシップの企画に応募いただき、グループ会社である「ベンカンベトナム一人有限会社」にて受け入れをさせていただきました。

応募頂きました須郷夢摘さんには今回の就業体験を通じ、実社会に通じる企業体験と、国際社会に於いて力を発揮できる将来のマネジメント候補として、より沢山のことを吸収していただけるよう、全面協力させていただきました。

まず、群馬の本社併設の桐生工場に1日工場見学にお越しいただき、その後ベンカンベトナムのBV2工場で海外インターンシップを実施いたしました。

座学の様子 群馬大学 須郷さん(左)、ベンカン機工 池田(右)

研修内容については以下の通りです。
1.工場及び製品の概要
2.受注から出荷までの生産管理の概要
3.各工程管理の概要及び実習
(材料、切断、成形、機械加工、ショットブラスト、検査、塗装マーキング、梱包出荷)
4.パイプメーカー見学
5.品質保証業務の概要
(JIS・ISO認定資格、品質マネジメントシステム、品質目標、製品トレーサビリティ、品質記録、不適合管理、校正管理、マネジメントレビュー、顧客満足、他)
6.寸法測定及び試験実習
7.寸法データ分析及び処置提案
8.QC7つ道具

寸法検査実習の様子

座学での研修を始め、実際に現場に入ってもらい、様々なポジションの体験をしていただきました。ベンカン機工を選んでくださり、こうしてお会いできたご縁に感謝し、一つでも多くの収穫を持って帰っていただこうと努めさせていただきました。須郷さんご本人も非常に熱心で、真剣に真摯に参加してくださる姿がとても嬉しく、こちらも楽しく実習させていただきました。

「私が今回、貴社のインターンシップに参加させて頂く目的は次の3点でした。
・海外で働く体験をすること
・品質管理について学ぶこと
・化学の知識を応用できるか知ること
実習ではすべての目的を達成することができました。その中でも、特に海外で働く体験をさせて頂き、日本とは違う文化や環境、考え方に触れることができました。また、実習中は業務内容に関することだけではなく、私が将来社会人になってから必ず役に立つことも教えてくださいました。その為、今回学んだことは今後の教訓にしていきたいと思います。大学では学ぶことができない、貴重な経験をさせて頂きました。実習させて頂いたBV2の皆様に深くお礼申し上げます。」
群馬大学大学院 理工学府 須郷 夢摘

多くのことを学び、気づきを得ていただいたようで、大変光栄に思います。今回の経験を今後の職業人生に何かしら活かしてもらえればと願っております。

また、こうして可能性を秘めた若者との交流は、我々にとっても貴重な経験です。須郷さんの今後の活躍に期待しながら、これからも多くの学生さんに製造業の素晴らしさを伝えていきたいと思います。

技術本部 池田

※グローカル・・・グローバルとローカルを組み合わせた造語で、国際社会で通用する能力やグローバルな視点、経験をもって、地域社会・地域経済(ローカル)の活性化および持続的発展に貢献すること

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA