【従業員紹介】小林 成樹(桐生工場 技術課 設備・金型グループ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全従業員投票により、その年に活躍した方を各部門から選出し、その方々の中から年間MVPを決める「個人投票表彰」という制度がございます。

2020年度上期投票で各部門から選出された方々を順次ご紹介させていただいております。今回ご紹介するのは、桐生工場より選出された技術課 設備・金型グループの小林成樹さんです。

小林さんは、2018年 4月に入社して以来、桐生工場のSKG(設備・金型グループ)のメンバーとして勤務しております。

主な業務内容は、設備機械、ユーティリティー施設等の保全業務 (故障修理、定期/予防保全)、作業改善(生産性向上や安全対策に寄与する、設備や金型治工具及びレイアウト等の改善)などです。

桐生工場には、新旧含め多くの設備機械があり、故障トラブルが発生します。

経年劣化・消耗に起因するものを始め、作業・操作等によるものと原因は様々ですが、小林さんはその事象や発生に至った経緯等について 探偵の様に深堀り、考えながら修理する癖があり、復旧だけでなく再発防止にも貢献してきました。本人の製造現場を下支えする責任感と意気込みは現場でも好感をもたれており、新人ながら既に色々な諸改善等の相談先となっています。

日頃より機械設備に興味をもち、全て判らないながらも貪欲に知識や技能を身につけようと同グループの師匠や各職場とコミュニケーションを図りながら、前向きかつ丁寧に業務にあたっています。それは相手にも伝わり、双方が 興味や意欲をもって積極的に業務に取り組もうという雰囲気づくりに大きく貢献しており、そういったムードメーカー的な存在も選出された理由なのだと思います。

千葉班長(右)と2ショット

「今年入社3年目、今が一番伸び盛り!何事も貪欲に取り組み、失敗を恐れず前向きに仕事に励んでください。この時期の経験がこれからの宝物になるはずです。若い人が頑張ると職場が活性化して、職場の雰囲気が良くなります。」技術課 設備・金型グループ 班長 千葉 智之

若さと元気と笑顔で、いつも職場の雰囲気を良くしたり、やる気を出させてくれたりしており感謝しています。これからも 色んな人たちや職場と一緒に考え改善していく風土を育て、共に魅力的で強固な工場にしていきましょう。

桐生工場 副工場長 坂元

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA