個人投票表彰2020「最優秀賞」(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベンカン機工には「従業員表彰制度」があり、全従業員による投票で決定する「個人投票表彰」と、役員推薦で決定する「団体推薦表彰」があります。

「個人投票表彰2020」では、全従業員投票で各部門の代表となった15名の方々を対象に、管理職の最終投票を行い、MVPである最優秀賞に2名が同率で選ばれました。

今回は、そのうちのお一人である容器事業部 尼崎工場 技術課の大西優也さんをご紹介いたします。

大西さんは、お客様の打ち合わせや立ち合いに積極的に対応し 原発・特重大施設及び緊急対策所向けの容器受注に大きく貢献しました。

お客様や関係各所との調整をきめ細やかに対応し、社内外の信頼を得ていること、また、生産性向上プロジェクト(品質向上PJ)のリーダーとして、生産効率UPにも大きく寄与したことが高く評価されての受賞となりました。

事業部長の三宅(左)と大西(右)

「この度は、最優秀賞に選出頂き大変光栄に思います。事業部長をはじめ上司の皆様、何より現場の皆様の日々のお力添えに感謝しております。昨年から社内の自主改善活動においてリーダーに抜てきして頂き、大変ではありましたがメンバーと共に小さな改善を積み重ねることで数々の結果を出すことができ、私自身飛躍できたと思える1年でした。今後も、今回の受賞に甘んじることなく引き続き小さな努力を積み重ね、業務に邁進してまいります。また、若手の代表としてこの事業部、ひいては会社全体を盛り上げていきたいと思っております。」尼崎工場 技術課 大西 優也

大西(左)と上長の技術課 課長 橋本(右)

「この度は最優秀賞おめでとうございます。若くしてプロジェクトのリーダーを任され、多くの改善を実現し会社に多大な貢献をされました。毎日難問に立ち向かう姿を見ていたので、こういった形で表彰された事は非常に嬉しく思います。今後も自身の能力を余す事なく発揮し最優秀賞の名に恥じない様に頑張ってください。」技術課 課長 橋本

沢山の投票コメントでは、「若手ながら冷静な仕事ぶり」「努力を重ねている様子がうかがえる」「この1年の成長度合いは素晴らしい」「将来が期待できる」などの声が多く、周りからの高い評価と将来を期待されていることがよくわかります。

若手の活躍は頼もしく、励みにもなりますし、とても嬉しく思います。

今年も益々ご活躍いただきたいと思います。

管理部 総務企画課 寺岡

個人投票表彰2020「最優秀賞(1)」

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA