従業員表彰制度2021年度表彰式「大阪工場」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベンカン機工には「従業員表彰制度」があり、全従業員による投票で決定する「個人投票表彰」と、役員推薦で決定する「団体推薦表彰」、業務改善の成果に応じた「業務改善実施表彰」があります。

従来、表彰式は各所において、管理職からの授与で開催されてきましたが、コロナ禍の大変な中頑張り、選ばれた方々を労いたいと、社長の一丁田が各所を訪問して開催することといたしました。

今回は、大阪工場の受賞者を表彰式の様子と共にご紹介いたします。

大阪工場は、「業務改善実施表彰」と「個人投票表彰」の受賞がありました。

まずは、「業務改善実施表彰」です。

効果金額に合わせて賞が決定するのですが、今回数年ぶりに、最高賞である〝最優秀賞〝を受賞されたのが、製造管理課 成形グループの石神さん、上久保さん、新垣さんです。

既存設備を最大限に活用し、外注していた部分の内製化に成功。大きなコストダウンを実現したことに加え、品質的にも大きな改善となったことが高く評価されました。

社長の一丁田(左)と、左から、新垣、上久保、石神

「このような賞を頂き、ありがとうございます。今回の改善も日頃のレジューサ作業も、いろんな方の教育や知恵、協力があって成り立っています。これからも頑張って参ります。ありがとうございました。」

大きな成果は、同じ仲間としても非常に嬉しいことです。有難うございます。そしておめでとうございます。

そして、「個人投票表彰」では、優秀賞と努力賞を受賞された方がいらっしゃいます。

まずは、最優秀賞に次ぐ優秀賞を受賞した製造管理課 FWグループの谷口 賢一さんです。

谷口さんの受賞は今回が初めてではなく、これまで2度の受賞(今回3度目)に輝いている大阪工場の特殊品製造を支えるレジェンドです。

一丁田(左)と谷口(右)

「この度は優秀賞に選出して頂き有難うございます。投票して頂いた工場の皆様方に深く感謝申し上げます。ベンカン大阪工場に入社以来、主に特殊品、プレハブ品、機器等を手掛けるうえで、溶接継手のベンカンブランドにふさわしい物作りを心がけて溶接業務に携わってきました。先輩から受け継いだ技術、ライバルと高めあった技量、そして40年来培った知識を後進に伝承していくことが急務で、自身についても応用と発展を目指していきますので、今後とも宜しくお願い致します。」製造管理課 FWグループ 谷口 賢一

同じグループの皆さんからのお祝いコメントもいただいています。

「おめでとうございます。技量の高さにいつも助けられています。これからも後輩への指導などよろしくお願いします。」製造管理課 FWグループ一同

そして、努力賞を受賞されたのが、実習生でありながら、多くの票を獲得されたフィン フォン ハーさんです。

「この度の選出ありがとうございます。日本で頑張ってきた評価として、大変うれしく思います。」ベトナム実習生 フィン フォン ハー

2月をもって帰国される予定ですが、コロナ禍で帰国がままならない中、頑張っていた姿を仲間たちがちゃんと見ていた結果だと思います。おめでとうございます。

大阪工場は、溶接式管継手の大径品や受注生産品などの特殊品を主に製造し、高い評価をいただいている工場です。難しい製品造りに取り組みながらも、毎年必ず業務改善実施表彰を受賞しており、常に改善に取り組み、より良い製品造りにも励んでくれています。

今年も益々ご活躍いただきたいと思います。

管理部 総務企画課 寺岡

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA