従業員表彰制度2021年度表彰式「桐生工場」-業務改善実施表彰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベンカン機工には「従業員表彰制度」があり、全従業員による投票で決定する「個人投票表彰」と、役員推薦で決定する「団体推薦表彰」、業務改善の成果に応じた「業務改善実施表彰」があります。

従来、表彰式は各所において、管理職からの授与で開催されてきましたが、コロナ禍の大変な中頑張り、選ばれた方々を労いたいと、社長の一丁田が各所を訪問して開催することといたしました。

今回は、桐生工場の受賞者を表彰式の様子と共にご紹介いたします。

まず「業務改善実施表彰2021」です。

桐生工場から2案件が受賞されました。

まず1つ目は、優秀賞を受賞された品質保証課の根岸 幸子さん、齋藤 崇弘さん、坂田 里香さんです。

従来のセオリーにとらわれず、個々の業務の目的や真意を突き止め、主材料費用の削減、試験期間の短縮を実現したことが高く評価されての受賞となりました。

表彰式での坂田(左)と受賞コメントを述べる根岸(右)

「この度は優秀賞をいただきありがとございました。業務改善は1人でできることではありません。みんなで協力し合い、小さな事でも話し合って、積み重ねてきた結果を評価され嬉しく思います。今後も更なる効果を生み出せるように取り組んで参ります。有難うございました。」品質保証課 根岸 幸子

続いて2つ目は、努力賞を受賞された森 大祐さん、中村 行雄さん、千葉 智之さんです。

工場の稼働状況に合わせ、工業用水供給ルートなどを変更することにより、省エネを実現したことを評価されての受賞です。

左から、授与を受ける中村、森、千葉、社長の一丁田

「この度は栄えある賞を頂きありがとうございます。ご存知のとおり設備部門は直接お金を生み出す部署ではありません。だからこそ、設備改善によるランニングコストの低減や作業性の改善による人員工数の削減に力を入れております。この場をお借りして投票して下さった皆様へ感謝申し上げます。技術課 森 大祐

桐生工場は、主に鋼管を素材として製造する24インチ以下の小径から中径の溶接式管継手を生産しております。汎用品生産の効率化は当然のことながら、特に多岐に渡る製法ノウハウから、多様化するお客様のニーズにあった形状、厚み、材料に対応可能な工場として評価を受けております。

その工場内において、こうして頑張ってくださっている方々がいることで、ベンカン機工のものづくりが支えられ、お客様に製品をお届け出来ているのだと改めて思います。

今年も益々ご活躍いただきたいと思います。

管理部 総務企画課 寺岡

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA