製品一覧

シェル&チューブ型レキュペレーター

シェル&チューブ型レキュペレーターは多数の鋼製チューブを組み合わせた伝熱チューブ群と胴(シェル)から構成されたレキュペレーターです。
通常は伝熱チューブ内に排ガスを胴内に非加熱流体を流して(その逆も可能)予熱致します。伝熱は対流によって行われます。

シェル&チューブ型レキュペレーター概略図

シェル&チューブ型レキュペレーター概略図

シェル&チューブ型レキュペレーター

シェル&チューブ型レキュペレーター

特長

  • ダストを多量に含む排ガスラインに使用可能
    (ダストの自浄作用を引き出す為)
  • ダスト除去装置と併用可能
    (ショットクリーニング装置)
  • ダストを多量に含む排ガスに使用可能
  • コンパクト
  • 煙道・煙突と兼用可能

温度条件

  • 排ガス側:〜1050℃
  • 空気側:〜700℃

用途

  • 汚泥焼却炉
  • キュプラ用APH
  • 熱処理炉
  • 焼成炉