原子力発電所向けの溶接式管継手は、適用規格である「日本機械学会規格(JSME)」に対応する必要があります。

その性質上、通常の製品よりも更に高い安全性を要求されるためです。

溶接施工法、検査や管理、品質記録の作成など、実に多くの対応が求められ、更にそれらを実施するための資格や設備、技術やノウハウが必要となります。

続きを読む