世界のライフラインを通して
人々の暮らしを支えています

人気のある記事

最近の投稿

1

溶接式管継手事業

溶接式管継手とは鋼管と突き合わせて溶接することで接合する継手であり、その信頼性の高さから主に電力・ガス・製油・浄水などの基幹産業配管に採用されています。

2

高圧ガス容器事業

高圧ガス容器とは、継ぎ目のない鋼管より製造される、酸素や窒素などの高圧力の圧縮ガスを入れるための容器であり、法律により高い安全性と信頼性を要求されています。

会社案内

会社名
株式会社ベンカン機工
所在地
〒379-2305 群馬県太田市六千石町5-1
主な事業内容
溶接式管継手、フランジ、高圧ガス容器の製造販売
代表電話番号
(0277)78-4111

私たちはこんな事業をしています

「溶接式管継手」と「高圧ガス容器」のメーカーです。
業界内においてはリーディングカンパニーとして認知していただいており、溶接式管継手においては国内シェアNo.1、高圧ガス容器においては国内シェアNo.2です。

溶接式管継手って??

住宅の給水、給湯配管から大規模プラントの巨大なパイプラインまで、生活を支える配管は世界中に張り巡らされています。その配管(パイプ)の方向を曲げたり、分岐させたりする際に使われるパイプとパイプをつなぐつなぎ目に使用する配管部材を「継手」といいます。その中でも「溶接式管継手」は、長期的に利用することを目的に溶接を施して製作する継手です。
ベンカン機工では、高い技術力と豊富な実績高い安全性が求められるハイスペックな製品の製作が可能です。それが高いシェアを維持している理由でもあります。

高圧ガス容器って??

1Ma以上の高い圧がかかる圧縮ガスや液化ガスを充填し、保管・運搬するための容器をいい、管理は高圧ガス保安法で厳しく定められています。
一般工業用ガス容器のみならず、近年需要が増大している高いクリーン度が求められる半導体製造装置用内面研磨容器や水素燃料電池車の水素ステーション用容器などに対応出来ることが当社の強みです。

和やかな雰囲気ですが、チャレンジを後押ししてくれる風土があります。

写真は、東京オフィスの営業部門と管理部門メンバーの様子です。皆仲が良く、和気あいあいと楽しい雰囲気ながらも、やることはしっかりやっています!
それぞれを尊重し、意見や提案はどんどんチャレンジさせてくれるので、自分の範囲を狭めることなく成長出来る環境がベンカン機工にはあります。

“ものづくり”にイチから携われる!プロフェッショナルが沢山います。

写真は、桐生工場の製造部門メンバーです。材料調達から製造、検査、必要な図書類の作成まで、全てを自社で行うノウハウがあります。それぞれのセクションにプロフェッショナルが沢山いるので、肌で感じながら学び、専門知識や技術力を習得することが出来ます。

リクナビ2020 新卒採用情報掲載中
rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide