技術・品質情報

【製造事例】配管用溶接式管継手 ネック付きエルボ(3)

このベンカン機工オフィシャルブログでは、過去2回ネック付きエルボに関する投稿を行っていますが、今回はネック付きエルボに限定せず、ネック付き管継手を採用する際のポイントをご紹介致します。

【↓過去ご紹介記事↓】
   配管用溶接式管継手 ネック付きエルボ
【製造事例】配管用溶接式管継手 ネック付きエルボ(2)

続きを読む

機械試験「シャルピー衝撃試験」

管継手を製造する際に、材料や製品の評価を行うために様々な試験を実施しておりますが、管継手に付随する各種試験のうち、機械試験は、製品の性能の一つである機械的性質を調べるためのものです。

続きを読む

機械試験「引張試験」

管継手を製造する際に、材料や製品の評価を行うために様々な試験を実施しておりますが、管継手に付随する各種試験のうち、機械試験は、製品の性能の一つである機械的性質を調べるためのものです。

続きを読む

アルミニウムの管継手

アルミニウムの特徴として、「軽くて加工しやすいが、強度が低い」「熱伝導性が良い」「低温でも靭性が下がらないため、液体水素の-252.7℃のような極低温での使用にも適している」「大気中の酸素と反応して酸化被膜が形成されるため耐候性に優れるが、酸性やアルカリ性の環境下では酸化皮膜が破壊されてしまい、特に塩化物イオンやアルカリ環境には弱い性質を持っている」といった点が挙げられます。

また、強度が低いという欠点を補うために、Mg、Si、Cu(銅)、Zn(亜鉛)を添加して、一般的な炭素鋼の1.5倍もの引張強度を持たせた超々ジュラルミンと呼ばれるアルミニウム合金の材料もあります。

続きを読む

機械試験「硬さ試験」

管継手に付随する各種試験のうち、製品の機械的性質を調べる「機械試験」があります。

今回はベンカン機工で対応が可能な機械試験のうち「硬さ試験」についてご紹介いたします。

続きを読む

管継手製品の環境・化学物質に関連する各種資料の対応について

ベンカン機工では,管継手製品の環境・化学物質に関連する各種資料について対応しております。

<例>

・chemSHERPA(ケムシェルパ):管継手製品に対してchemSHERPA-AIでデータ提供します。

・シップリサイクル条約:材料宣誓書(MD)及び供給者適合宣言(SDoC)等の対応が可能です。

・SDS(安全データシート),RoHS指令:弊社HPにてダウンロード可能です。
http://benkankikoh.com/company/enviroment.html

・ステンレス鋼製継手の六価クロムの浸出性能試験(JIS S 3200-7):
代表製品での実績は提示可能です。ご指定製品での試験は,有償で対応可能です(試験期間:約1か月)。
http://benkankikoh.com/blog/2020/10/15/jnla

・紛争鉱物(コンフリクト・ミネラル)  等

続きを読む

FEM(有限要素法)受託解析サービス

継手を含む配管部材の重要な性能として「耐圧性」があります。

これらの製品の耐圧性能は、お客様の仕様で決められている最高使用圧力、規格に規定される耐圧性保証値および計算破裂圧力等に耐えることを検討し、製品ごとに耐圧性を保証しています。

続きを読む

品質月間2020 標語紹介

11月は、日本科学技術連盟、日本規格協会、日本商工会議所などが主催する「第61回品質月間」です。ベンカン機工もその取り組みに賛同し「ベンカン機工 品質月間2020」として、積極的に品質向上に繋がる活動に取り組んでおります。

今年のテーマは「みんなでつくろう 新たな価値と 変化に負けない組織力」です。推進活動の一環として、従業員から標語の募集を行いました。

続きを読む

【SDS】新JIS対応版 安全データシート

ベンカン機工では、自社製品である溶接式管継手(以下、管継手という)の危険有害性に関する情報について、管継手を取り扱う全ての人々に伝えるために、安全データシート(Safety Data Sheet:以下、SDSという)を発行しております。

SDSとは、有害性のおそれがある化学物質を含む製品を提供する際に、対象化学物質等の性状や取り扱いに関する情報を提供するための文書のことをいいます。

以前までは、化学物質等安全データシート(Material Safety Data Sheet:略称 MSDS)と呼ばれていましたが、国連GHS文書「化学品の分類および表示に関する世界調和システム」(The Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals:GHS)で規定されている略称SDSに統一されました。

今回、関連規格の改定および有害性情報等の更新を反映するために、SDSを改定いたしました。

続きを読む