特殊仕様 溶接鋼管

配管継手の役割は、「管をつなぐ」ことですが、その領域だけではお客様のご要望にお応えできない場合があります。

例えば、配管は、継手だけで成り立つものではなく、そこにはパイプの存在が欠かせません。

しかし、特殊な仕様のパイプの場合、 続きを読む

溶接式管継手 大口径品

ベンカン機工では、通常の大口径継手よりもさらに大きな溶接式管継手の製作も行っております。

サイズにつきましては、最大80インチ(2000A)まで製作実績がございます。

続きを読む

職場でのストレスとの付き合い方~相手を受け入れる~

ストレス社会と呼ばれる時代です。ストレスにより発生する活性酸素(細胞に損傷を与えるとされる有害物質)も100年前の約一万倍なのだとか・・・。

それを聞いただけでストレスが余計に増えそうですが、ストレスの主な原因は、対人関係によるものが多くあります。 続きを読む

溶接式管継手 クラッド鋼

溶接式管継手の素材にクラッド鋼(clad steel)があります。

クラッド鋼とは、炭素鋼、高張力鋼、低合金鋼などを母材とし、その片面に母材と異なった種類の鋼を合わせ材として、熱間圧延(圧着)、溶接、爆着などによって重ね合わせた複合材料の一つです。

続きを読む

溶接式管継手 非鉄金属

ベンカン機工では、1951年の自社生産開始から、約70年の長きに渡り、溶接式管継手の生産を行ってまいりました。

その長い歴史の中で、炭素鋼、合金鋼、オーステナイトステンレス、フェライト系ステンレスは一般的ですが、このほかにアルミ合金、ニッケル合金、チタン合金製等、非鉄金属の溶接式管継手にも豊富な納入実績がございます。

今回は、溶接式管継手の「非鉄金属」製品について、ご紹介させていただきます。

続きを読む

従業員紹介(有島 編)

溶接式管継手は、鋼管や鋼板などの材料を切断や塑性加工により成形され、製法によっては、溶接工程を経ます。

しかし、その状態のまま、検査・塗装に回される訳ではなく、様々な機械加工によって、製品として仕上げられます。

今回は、溶接式管継手の生産拠点である桐生工場の機械加工を担当している、桐生工場機械グループの有島 洋二さんをご紹介いたします。
続きを読む

品質管理「5ゲン主義」

3現主義とは、『現場・現物・現実』のことで、品質管理(QC)の観点からの基本概念の一つです。

モノづくり企業では広く実践されているもので、実際に『現場』に赴き、『現物』を確認し、『現実』を認識した上で問題解決を図るといった考え方です。 続きを読む

配管用溶接式管継手「Yピース」

Yピースとは、文字通りY型の形状をした配管用溶接式管継手の一種です。

今回ご紹介させていただくのは、Yピースの中でも「60°Y」や「45°Y」と表記するY字型の鍛鋼製品ではなく、パイプからの塑性加工にて製作する180°ベンドの中央部に分岐がついたような形状のYピースです。

続きを読む