特殊仕様 溶接鋼管

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

配管継手の役割は、「管をつなぐ」ことですが、その領域だけではお客様のご要望にお応えできない場合があります。

例えば、配管は、継手だけで成り立つものではなく、そこにはパイプの存在が欠かせません。

しかし、特殊な仕様のパイプの場合、専業メーカー様側から、ある程度の長さや製作数のロット制限がついてしまい調達が困難なケースがあります。

o0800053312157455177パイプヤード

ベンカン機工は、溶接式管継手メーカーである強みを活かして、短尺や少ロットの[ 溶接鋼管 ]の製作に対応させていただいております。
[溶接鋼管 ]とは、鋼板を円筒状に成形し、突き合わせ溶接して製作するものです。

突き合わせ溶接につきましては、溶接式管継手の製作で培われた技術で対応させていただきます。

o0650048712291132391

電気事業法、ガス事業法、ボイラ、第一種圧力容器など、法規要求に基づいた対応も可能です。

例えば、電気事業法に基づいたご要請であれば、溶接事業者検査へ対応する溶接施工法に則った溶接士による施工と検査を実施すると共に、検査に係る図書および工場審査なども一括してお請けできます。

o0800060013240910508

また、溶接式管継手と溶接鋼管をなどの部材を組み合わせた小規模配管プレファブ加工にも対応が可能です。

[ 溶接鋼管 ]に関するお問い合わせは、溶接式管継手関連の営業窓口までお願いいたします。

お電話でのお問い合わせはこちら

WEBからのお問い合わせはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA