鍛鋼製 溶接式管継手 (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベンカン機工の主力製品である「突合せ溶接式管継手」は、配管用途によって、材質、口径、肉厚、形状、外面処理など、その種類は多岐に渡ります。

通常、突合せ溶接式管継手の製法は、〝塑性(そせい)加工〝となります。

今回は、塑性加工では出来ない特殊仕様の「鍛鋼製 溶接式管継手」を、実際の製品画像と共にご紹介させていただきます。

塑性加工とは、材料(鋼管・鋼板)に大きな力を加えて変形させることによって、目的とする形状に成形することです。

p1010115

ベンカン機工の強みは、この塑性加工技術にあります。

しかしながら、主にプラント関連の配管では、そのニーズによっては、塑性加工では対応できない鋼種や形状などの特殊仕様もあります。

その場合に対応を検討するのが「鍛鋼製 溶接式管継手」です。

o0640042413022572469

WP316L材 各種製品

鍛鋼とは、様々な鋼種の鋼塊(インゴット)に、規格で定められた鍛造比をかけた材料をいいます。「鍛鋼製 溶接式管継手」は、それを精密に削り出して成形した製品です。

ベンカン機工では、幅広い特殊仕様そして鋼種に対応した「鍛鋼製 溶接式管継手」のご提案が可能です。

o0639042513022144439

ラテラル 450A×300A


主な鋼種は以下の通りです。


【炭素鋼製】 S25C、SF440A、SF490A、SFVC2A、及び相当する材料

【低合金鋼製】 SFVAF1、F2、F12、F11A(B)、F22A(B)、F5、F9、及び相当する材料 火力基準材SFVAF28

o0640042413022131382

SFVAF22A材  TEE T(R)  600Ax650A 

 

【ステンレス鋼】SUSF304、SUSF304L、SUSF316、SUSF316L、SUSF321、及び相当する材料

o0637041913022141249

SUSF304の特殊形状レジューサ
R(E)SUSF304 250Ax25A

ASTM材料およびASME材料についても、相当する鋼種について製造が可能です。

その他、ご要望にお応えできるように検討させていただきますので、溶接式管継手関連営業窓口まで、お気軽にご相談下さい。

Webからのお問い合わせ

東日本営業部(東京)TEL:(03)3777-1521
西日本営業部(大阪)TEL:(06)6482-1851

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA