溶接式管継手_特殊品「クロス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

写真のように、十字型の形状の溶接式管継手を「クロス」と呼んでおり、JIS規格に規定のない管継手ではありますが、ベンカン機工では、シームレス鋼管からバルジ製法(液圧成形法)により、さまざまな鋼種で製作をしております。

一般的に「クロス」は、素材の塊から〝削り出し〝により製作されることが多いので、そのスタイルで手配をされている方も多いのではないでしょうか。

しかし、シームレス鋼管からの製作であれば、製品の仕上がりやコスト面で大きなメリットがあります。

今回は、その理由について、製作内容の解説をしながらご説明したいと思います。

〝削り出し〝で製作する場合、素材が塊で必要なため、材料を多く要することになります。

また、〝削り出し〝という加工工程には設備や技術が必要なため、加工コストもかかります。

しかし、シームレス鋼管からの製作であれば、必要最小限の材料で製作が可能です。

削り出しでは、製法上角ばった形状になりがちですが、バルジ製法であれば、滑らかな形状、均一した肉厚、製品重量の軽量化が可能です。

左:削り出し完成品(3方向品) 、右:シームレス鋼管からの製作完成品

そのことから、材料や加工のコストダウンだけでなく、配管施工現場での溶接施工にも大きく影響するため、施工コストの削減や施工品質の向上にも繋がります。

更に、炭素鋼、合金鋼の他、ステンレス鋼、非鉄金属など、さまざまな鋼種での製作が可能なため、高価な材料においては、より多くのコストメリットが実現出来ます。

製作可能な材質や形状など、詳しいご相談は、お近くの営業窓口にお気軽にご連絡ください。Webからのお問い合わせもお受けしております。

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

プロジェクト営業部

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA