【従業員紹介】足柄物流センター 原 朋弘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

従業員表彰制度の「個人投票表彰 下期」において、従業員投票により代表として選出された一人、足柄物流センターの原 朋弘さんをご紹介いたします。

物流センター内だけでなく、営業本部からの支持もあっての選出です。

足柄物流センターの班長として、メンバーへの指示・取りまとめ、出荷指示書準備等の事務処理、入出荷関連事項の外部窓口(他部署、運送業者、資材業者)をしています。

原班長は、今年初めからの足柄物流センターの立上げに尽力しました。たくさんの運送業者・資材業者を呼んで打合せを何度も繰り返し、進んで桐生工場の発送グループに赴き、準備状況を伝えて確認を行い、その甲斐あって物流センター業務開始時には無事に準備が出来上がっていました。フランジ出荷業務が新たに移管された時にも周到に用意をして会社計画に遅れることはありませんでした。

3月に入出荷業務が開始してからは、メンバーへの指示と現場作業を行いつつ事務処理も一手に引き受けました。また、運送業者や資材業者のコントロール、入出荷についての他部門との連絡窓口の業務を担いました。

これらの業務は足柄では従来事務方にて行なわれていましたが、元々現業職でありながら前向きに取り組んで習得し、大量の事務作業も確実に遂行しました。

6月に入ると入出荷量が想定を超えるペースで急激に増え、連日遅くまで残業して休日出勤までもという時期がありました。夏の暑さもあって物流センターメンバーは皆疲労困憊でしたが、原さんは持ち前の明るさと力強さでメンバーを引っ張って乗り越え、処理不能や遅れを発生させたことはありませんでした。

旧ベンカンの方々と一緒に仕事を始めてから日が浅いですが、いつでも前向きに親切丁寧に仕事に取り組む姿勢が伝わって、今回の選出につながったのでしょう。

投票してくれた方々からのメッセージです。

「仕事上だけでなく、私生活のことも気にかけてくれる。」
「率先垂範なところ。実行力があり、適宜対応出来る。気さくでコミュニケーション能力が高い。」

足柄物流センターメンバー

「新規物流拠点の切り盛り役。一連の出荷業務の流れを構築し、工場・営業間のパイプ役・影の功労者です。」
「大変な時でも営業・客先のことを考え、無理を聞いてくれます。」
「足柄物流センターが稼働して暫く経ちますが、量の多い緊急出荷なども即日出荷して下さり、非常に助かっています。また、何度か直接問合せした際も、快く対応して頂き、対応も素晴らしいと思いました。」

足柄には改善しなければならないことがまだまだ山ほどあります。出荷拠点としてさらに成長を続けてまいりますが、そのためには、今後も原さんの存在が不可欠です。

足柄物流センター 課長 関野 健治

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA