【従業員紹介】桐生工場 技術課 山下 征吾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

従業員表彰制度の「個人投票表彰 下期」において、従業員投票により桐生工場の代表として選出された一人、技術課の山下 征吾さんをご紹介いたします。

桐生工場の愛されキャラが、満を持しての選出です。

主業務はステンレス系製品のオーダー受付や処理で、その中でも技術課として、様々な製法や溶接施工法から製品仕様に合致した製造/工程・製造検査要領等を取り決め、工場への製造を指示する重要な役割を担っています。

ステンレス系だけでなく、特殊材、特殊形状製品の製作可否・工程設計、客先との交渉にも携わっています。

業務に対し、真摯に、実直に向き合い、責任感をもって対応している姿勢が今回代表として支持を受け、選出された理由です。

例えば、製法検討試作から始まり、実際に製品化、その完成検査、出荷迄と工場の全業務に係わっており、顧客要求や工場の責務に十二分に応えようと、営業や現場の声をよく聞き、密に連携をしてくれています。

そのため、営業や現場からの信頼も非常に厚く、頼って様々相談されるケースも少なくありません。

さらには、過去の受注仕様・対応資料や各種試作、試験結果等、データの作成・整理についても余念がなく、かなり前から地道に継続して行っており、皆が業務に活用できる様、常にプラスαを自ら考え行動しています。

また、桐生工場が取り組んでいる JKP(自主改善)活動 の 間接業務改善リーダーも努め、工場全体の改善にも努めてくれています。

投票してくれた方々からのメッセージです。

「特殊な材質や形状の製品や旧足柄製造所で生産されていた様々な製品等、現場と一緒になってモノづくりに努めており、責任感も人一倍つよく 情熱のある人です。半面、色々な場面で つい頼ったり、直接関係無い事まで問い合わせたりと、お手間をかけさせたりしてしまいますが、いやな顔をせず 前向きに協力やアドバイスしてくれます。」

桐生工場 技術課メンバー

「現場からの信頼は非常に厚く、全体最適のために尽力している姿はとても立派だと思います。」

「いつも前向きで、研究熱心、色々なものに興味をもち ひたすら努力しています。」
「周辺の関わる多くの人たちに気をくばり、会社の、また工場モノづくりの 礎を支えている人物だと思います。」

明るく親しみやすく、周りを和ませるキャラクターで、時にはイジられながらも皆から愛されています。そのキャラクターと、真摯な姿勢で、これからもどんどん活躍してくれることを期待しています。

桐生工場 技術課 課長 坂元 和則

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA