尼崎扶桑地区 生産性向上プロジェクト始動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベンカン機工では「お客様が必要とされる製品を、必要な納期でお客様のもとへ届ける」を目標にしております。

しかしながら、現在、お客様より沢山の注文を頂いております事から、継手事業、容器事業共にお客様のご要望納期に100%答えられていない状況となっています。

どの様な状況に於いてもお客様から頂いた納期を遵守する為に今回、外部コンサルタントと共に、大阪工場扶桑地区ならびに尼崎工場でも改革を進めるプロジェクトを発足する事といたしました。

両工場とも生産性を高め、納期遅延を起こす事の無い様に生産管理改善、作業改善を行うことが目的です。

溶接式管継手事業の大阪工場/扶桑地区では、

・生産管理改善プロジェクト(リードタイム短縮)
・工場体質改善プロジェクト(生産性向上)

以上2つのプロジェクトを柱として、納期遵守率100%を目指し活動を進めてまいります。

容器事業の尼崎工場では、


・設備能力向上TEAM(設備稼働率25%UP)
・生産管理改善TEAM(納期遵守率100%)
・工場体質改善TEAM(労働生産性25%UP)

以上3つのTEAMを柱として、現状よりも増産出来る体制を作り、お客様ご要望納期100%遵守を目指します。

大阪工場(扶桑地区)、尼崎工場共に全員参加で、このプロジェクトを進めて参ります。

尼崎工場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA