釣りサークル例会「イカ釣り、リベンジ!!!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、大阪工場釣りサークル所属の三森です。

今年3回目の例会をご紹介いたします。場所は毎度おなじみ京都、宮津の‘むつ漁丸’さん
今回は2隻で、狙いは真鯛、青物(ブリ、ヒラマサetc)五目・・・・でしたが、直前情報で船頭さんより「半夜で例のが好調ですよ・・・」と悪魔のささやきが・・・。

ということで急遽、半夜でのイカ釣りに変更です・・・。なぜ悪魔のささやきかといえば・・・。
・・・忘れもしない今年8月25日のオールナイトでのイカ釣り・・・結果は・・・12名、オールナイト8時間で2桁いかない(イカ無い)釣果・・・撃沈された苦い思い出が・・・。
再びの悪夢とならないことを願い、いざ出港!!!

まずは日が沈むまで、魚(イサギ)釣り、大小混じりでそこそこの釣果、ただ、波風高くコンディションとしては決して良くない状況でした。

18時、日没になり「さあイカ釣りしましょか~」と場所を移動し、変わらず波風高い中リベンジマッチスタート。
一投目・・・早速当たりあり!!、7本のスッテ(疑似餌)に4杯乗り「今日もいい様ですね~」と船頭さんからのお声掛け、その後は他メンバーも次々と乗せて(釣れて)いきます。

コンディションは時間が経つにつれ波風が悪化(最終的には波高2.5m?)するものの、イカの乗りに変化はなく、仕掛けを降ろしている最中に乗ることも。スッテの色、タナ等、関係なく乗るなど入れ食い状態が続き、その後10時の納竿まで続くのでした・・・。

後半、船から投げたされそうなくらいの波風のコンディションの悪さに体調を崩してしまうのも数名出ましたが、結果イカの釣果はご覧のとおり、型は手のひらサイズからの小型が多いものの2隻12名で約1,000杯。リベンジは果たせたかと思います。

さて今回のイカは、一部スルメ、タルイカ(でかい)混じりでしたが、そのほとんどがイカの中でも特に食味が良く、人気の高い‘剣先イカ’。出港した宮津あたりでは‘マイカ’鳥取では‘白イカ’関東では‘マルイカ’などと呼ばれあの‘呼子のイカ’も同じ剣先イカです。

当然、美味しいに決まっています!但し、持ち帰りにはコツがあり〝真水に触れない〝こと。鮮度が落ちます。

なので釣ったらジッパー付きの袋に投入、クーラーに入れ、家に持ち帰ったら食べる分だけ出し、後の残りは‘何もせず’袋のまま冷凍庫へINです。その後は食べる分だけ都度解凍して・・・これで、鮮度が保たれたおいしいイカがいつでも堪能できます。

ただ80杯近く釣ってきたので、さすがに家庭の冷蔵庫に入るわけもなく、半分以上は‘ママ友’へおすそわけです。(妻子を置いて遊びに行ったパパの株も上がる?)

今年の釣りサークルの例会はこれでおしまい、又、来年こそはと思いつつ、道具の手入れに余念がありません。

大阪釣りサークル 三森(大阪工場)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA