造船向け管継手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「造船向け管継手」は、さまざまな種類があります。

ベンカン機工が取り扱う造船向け管継手を、規格や材質などとともにご紹介させていただきます。

造船業界においても、あらゆる箇所で小指の先程度から、人が入れる程大きなものまで、様々な大きさの管継手が使用されています。

船本体では、燃料、バラスト水、油圧、排気や、船内部の空調、配水などの配管に使用されます。
※バラスト水とは、乗り物(本来は船舶)の重量を増したり重量のバランスを取ったりするために積み込む重しとして用いられる水のこと。

また、原油タンカーや石油製品(ガソリン、重油)タンカー、液化天然ガス(LNG)タンカー、液化石油(LPG)タンカーなどに、ガスや油を積み込むための配管にも管継手は必要です。

ベンカン機工では一品一様のものから大量生産が必要なアイテムまで、取り揃えております。

各種船級品はもちろんですが、JIS規格品についても豊富に取り揃えており、安定供給させていただくことが可能です。

船級協会の材質に対応

1.日本海事協会(NK)・・・KSTPT38、KSUS316LWなど
2.ビューロ・ベリタス(BV)・・・BV360など
3.DVN GL船級協会(DNV・GL)・・・TS360、GL360など
4.ロイド船級協会(LR)・・・LR360など
5.アメリカ船級協会(ABS)・・・ABS 4など

JIS規格品(小口径~大口径)に対応

1.FSGP/PT370/PY400・・・90E(S)/45E(S)/R(C)/R(E)/C/S40/S80/7.9T/9.5T/12.7T
2.SUS304/304L/316/316L・・・90E(S)/90E(L)/45E(L)/T(S)/T(R)/R(C)/R(E)/C/S10S/S20S/S40/

炭素鋼、オーステナイトステンレスをはじめ、低合金鋼、2相ステンレス鋼などの大量生産もベンカン機工の強みです。アイテムの特色に合わせ、最適な工場で製作することにより、安定供給を実現いたします。

尚、多く使用されるアイテムについては、在庫を豊富に保有しております。

また、早急な対応を可能にするため、営業拠点を東京、名古屋、大阪、広島、福岡へ配備しております。

ご不明点やご相談は、お気軽にご連絡ください。

東 京オフィス 03-3777-1581
名古屋オフィス 052-571-3271
大 阪オフィス 06-6482-1851
広 島オフィス 082-261-5216
福 岡オフィス 092-273-1960

Webでのお問い合わせ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA