【従業員紹介】高石 正行(大阪工場 製造管理課 第二機械グループ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全従業員投票により、その年に活躍した方を各部門から選出し、その方々の中から年間MVPを決める「個人投票表彰」という制度がございます。

2020年度下期投票で各部門から選出された方々を順次ご紹介させていただきます。最初にご紹介するのは、大阪工場より選出された製造管理課 第二機械グループの高石正行さんです。

高石さんは伍長として、大阪工場扶桑地区の第二機械グループを班長のサポートをしながら、取り纏めと実務に従事してくれています。

主な業務内容は、ボーリング加工機による大径溶接式管継手の端部開先加工です。工程の進捗によっては、開先加工だけに拘らず、加工前のディスケール(ショットブラスト,酸洗)も率先してこなしてくれています。

開先加工のプログラムについては、自分自身でマクロを組み、基準寸法を入力するだけで加工の狙い数値が算出されるように自ら改善を行っています。


日々、開先加工治具等も改善を行い、段取り時間の短縮も行っています。自らが改善の見本を見せることで、部下の改善意欲も湧き立たせ、自然に全員で改善に前向きに取り組むような雰囲気造りを行ってくれています。

また、納期を常に意識し、後工程の負荷を考慮した行動をし、納期遵守にも貢献されています。

更に今期においては、難しい大径品の再加工に対して技術課と協力し、対応を可能にしました。その技術力も評価できる点です。

以上の事から、周囲から評価を受け、今回個人投票2020下期の大阪工場の代表者に選出されました。

「おめでとうございます。日頃の真摯な取組みが仕事をともにしている仲間から評価されたと思います。これからも何事にも先頭を切って進めていって頂き、更なる活躍を期待しています。」
製造管理課 担当課長 山田 真一

代表選出おめでとうございます。日々前向きに改善を行うことで、後輩に対して改善能力を付けさせて、改善による成果の達成感を実感させることで後進の育成されています。

今後も変わらぬ前向きな姿勢で業務の遂行をお願いします。頼りにしていますので宜しくお願いします。

大阪工場 副工場長 岸 伸佳

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA