【従業員紹介】荻野 雅茂(桐生工場 製造管理課 桐生工場CS成形グループ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全従業員投票により、その年に活躍した方を各部門から選出し、その方々の中から年間MVPを決める「個人投票表彰」において、2020年度下期投票で各部門から選出された方々を順次ご紹介させていただいております。

今回ご紹介するのは、桐生工場より選出された製造管理課 桐生工場CS成形グループの荻野雅茂さんです。

荻野さんの業務内容としては、材料の受払・材料の選定から切断部門の進捗管理、そしてSEM、LE工程の切断作業がメインの作業になります。その他、CS(Carbon Steel)成形の主たる工程で有ります曲管作業は2台の機械を稼働させることが出来ます。

また、幅広いCS成形グループに於いてすべての進捗を見ながら冷間矯正作業、早朝の材料受け入れ、全曲管機の火着け作業と幅広く熟しております。

派遣の時期を経て、社員になって4年が経ちましたが、その間にLEのプレス作業を始めとして、曲管作業、切断作業、また材料管理のスペシャリストとしても現在活躍しています。

本当に数多くの作業を習得していて、その為班員からの信頼も厚く、皆からの相談、質問に真剣に乗ってくれています。

7機ある曲管機の進み具合も見ながら材料の手配もしている正にCS成形を操っている影の立役者の様な存在です。人間性もとても優しく、ユーモアたっぷりで職場に笑顔をもたらす人柄で、彼が居るからCS成形が順調に稼働していると言っても過言ではないでしょう。

荻野(左)と井上(右)

すべての曲げの進み具合を見てくれて、工程が遅れない様に時には自ら曲げに入ったりと、非常にパワフルに行動して頂き非常に助かっています。

現在もCS成形の中心的存在となっていますが、今後は更に人を動かしグループを動かして行く存在になっていただきたいと思います。

桐生工場CS成形グループ 班長 井上

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA