【従業員紹介】丹下 和人(流通営業部 西日本営業課)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全従業員投票により、その年に活躍した方を各部門から選出し、その方々の中から年間MVPを決める「個人投票表彰」において、2020年度下期投票で各部門から選出された方々を順次ご紹介させていただいております。

今回ご紹介するのは、営業本部より選出された流通営業部 西日本営業課の丹下和人さんです。

国内の配管機材商社様に対する営業対応全般が主な業務になります。

まずは、お客様を訪問し、自分の顔を売る事から始まり、見積依頼を受けたら見積作業開始。ここからが本番です。

見積入力、工場請納期確認、個別見積依頼確認後、お客様に提出する見積書を作成します。最終的には見積回答後、お客様からご注文を頂いた製品をご要求納期で納入するまでのフォローを行う事がメインの仕事になります。

お客様からの見積依頼は毎日数十件におよび、机の上は書類の山になることも日常茶飯事です。又、お客様からの問合せの電話の多さも半端ではなく、その中で業務をこなさなくてはならないのが一苦労ではないかと思いますが、流通営業課の要として活躍しています。

現在、大阪・名古屋を兼務しており、名古屋オフィス担当の中部地域は厳しい状況下である上に業務引継もあったため、業務量増加となった激務の日々を孤軍奮闘しています。

そこは毎週土日のテニスで培った負けず嫌いの根性と体型からは検討もつかないほどの大食漢で何とか乗り切っているのではと感じます。

ちなみに、テニスは小学校4年から始めたそうでかなりの腕前です。テニスだけかと思いきや高校一年の時に一年間は何と剣道部に所属。とにかく運動神経が抜群で、今では奥様と毎週末テニスを楽しんでいるようです。

「厳しい状況下での名古屋オフィス兼務など、激務をこなしつつ、下の者への対応も丁寧で優しく何かと助けてもらっています。頼れる兄貴的存在です。」流通営業部 東日本営業課 織田

「流通大阪オフィス内をまとめながら、名古屋を担当し、名古屋地区拡販に努めた功績は大きい。」営業本部長 牧野

大阪では大手代理店様を担当しており、流通からの信頼も厚く、日々営業活動に奮闘しており、更には頼れるリーダー的存在として課全体を牽引する姿は評価に値すると考えます。客先への細かなフォローを行う責任感から業務量が多くなってしまっているところもあり、今後の課題として業務改善は必要ですが、丹下さんならできると思います。

自身のスキルアップを目指して益々頑張っていただきたいと思います。

流通営業部 副部長 伊藤

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA